資産運用:老後に安心を

MENU

資産運用:老後に安心を

60歳を過ぎても、今は年金も65歳からしかもらえませんし、第二の人生と言いつつもまだまだ働き続ける人は多いです。体が健康なうちは働いて、収入があるので借金せずに済んだり、借金したとしても返済することもできます。

 

しかし、60歳を過ぎて70歳にもなると、いよいよ体力が落ち、病気も増え体のあちこちの痛みなど、働くことが難しくなります。それまでに十分な貯金ができればいいのですが、貯蓄がないと年金だけで生活するのは難しいかもしれません。そして年金生活者は借金の審査も通りにくいです。

 

今の60歳以上の人は、年金がしっかり貰えていますが、今20代や30代の人が60代になるまでに、年金制度が破綻しているかもしれません。

 

少子化で先細りする人口で高齢者の年金を支えるのは困難が目に見えていて、30年後40年後の将来を考え自分で備えを作っておくのが良いでしょう。

 

【将来を考えた資産運用】

 

老後に必要な生活資金は、月26万円程度と言われています。豊かな生活をするためには36万円とも言われていますが、中堅世代でもこの程度で十分家族を養っていると思うので、老夫婦2人でこれはちょっとゆとりがありすぎる気がします。
確か生活保護の計算だと最低生活費は60代2人で12万円程度でしょうか・・・。

 

年金だけで生活できる人は良いですが、よほど良い条件でなければ、とても国民年金だけでは生活できないと思います。リフォーム、車の購入、冠婚葬祭など生活資金以外にも色々とお金はかかります。実際、私の両親も60代と70代の夫婦ですが二人共アルバイトをしています。

 

老後必要なお金はなんと、1億円と言われ、年金で7,000万円支給されたとしても3,000万円も足りないことになります。65歳までに3,000万円貯めることを目標にしなければいけませんね。

 

こんなに必要か?とも思いますが、夫婦どちらかに先立たれ、要介護状態ならなんらかの施設に入所したりという可能性も大いにあります。

 

【どれを選ぶ?資産運用】

 

資産運用といえば、投資信託とイメージする人は多いでしょうが、他にも利用できる金融商品はあります。

 

定期預金や財形貯蓄もそうですし、個人年金保険もあります。
国債・地方債もあります。

 

株式投資は着実に貯めたい老後資金には向かないでしょう。

 

定期預金・財形貯蓄、個人年金保険は確実にお金を貯めることができます。
定期預金は解約しても元本割れの心配はありませんから、資金の一部は定期預金でいいと思います。
国債や地方債も、満期前に売却すると元本割れする可能性がありますが、満期まで売らなければ大丈夫です。

 

安全な定期や国債と、魅力的な投資信託や外貨建て個人年金などに資金を分散しておくとリスクも分散されて良いのではないでしょうか。資金を確保しながら増やすこともでき、老後に備えられると思います。

 

無利息でお金を借りるならココ!安心人気の無利息キャッシング!

更新履歴